私の辞書には「喜怒哀楽」はない! 有るのは「喜哀楽」

<今日の4行日記>

【1.出来事】先日書いた「当たり前の事、当たり前の仕事しましょう!」、この中で私に「怒り」の感情を出させてしまった某地方銀行の担当者と、その上司(次長)がお詫びと事情説明の為に我が家にやってきた。

【2.発見】実は昨日の夜の段階で、上司(次長)が一人でお詫びに我が家にやってきた。でも、私は日を改めてくれと帰って頂いた。
1)当事者(担当者)が一緒に来ないのはおかしい事、一緒に謝るべきではないか?
2)連絡先(携帯番号)を入れてクレームしている訳なので、前触れなくクレーム処理に来るのは更に迷惑な話。予めこちらの都合を聞くのが普通のクレーム処理方法では?
3)夜勤明けで、その後セミナーに参加して疲れている所に来られても迷惑だし、第一眠い。

サービス業にあるまじき、更なるクレームがクレームを呼びこんだ対応に、昨日は怒りがこみ上げていた。
Boss

【3.目標】結果的に1日ずらして、今日10時に当事者(担当者)と上司(次長)が来られた事で、頭も冷静になり、怒りを爆発させる事にはならなかった。私の場合、感情に頼った行動は、得てしてその後は嫌な思いだけを残したり、遺恨を残してしまう。
今回の様に、一呼吸置いて少し冷静になれる時間が必要だと改めて感じた。

【4.未来】今回もそうだったが、「えん(縁)」が切れる事無く、これからの未来の話しが出来た。

<今日の一言>
私の辞書には「喜怒哀楽」はない! 有るのは「喜哀楽」である。

怒りから生まれるものは更なる怒りだけ・・・
私の実父は怒りに任せて、色んな事をやっていました(・_・;)
そんな背中を観て来たから、「怒り」は持ちたくないと想うのだが・・・。
やっぱり親子!! 「怒り」出すと止まんなくなる傾向にある^^;
親父のようにはなりたくない想いもあり、「怒り」は封印しているのだが・・・
たまにパンドラの箱のように開けてくれる人が出てきたりする^^;

<読んでみたい書籍>

広告

私の辞書には「喜怒哀楽」はない! 有るのは「喜哀楽」」への1件のコメント

  1. ピンバック: 朝から実母にイラッ! 思わず「怒」が飛び出す! | ロックなひろぶの4行日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中