伝統工芸:深山和紙

<今日の4行日記>

【1.出来事】どんな出来事がありましたか?
昨日、国道348号・・・
山形県長井市から
山形県山形市に至る一般国道を
ドライブ中の事

伝統工芸:深山和紙

こんな標識を見つけ
急ぐドライブでもないしと
寄り道♪

【2.発見】出来事の中から、発見したことは何ですか?
伝統工芸:深山和紙

深山和紙?

伝統工芸:深山和紙

こちらの建物の中で
深山和紙を作っているようで・・・

早速、売店で物色し
何気に手にしたのがこれ!

伝統工芸:深山和紙

深山和紙で作った
山形の紅花を織り込んだ名刺♪

【3.目標】発見したことから、どんな目標を立てましたか?
購入してから
実際に和紙を作られている
作業場を拝見しました。

写真撮っても大丈夫です?
とお聴きすると・・・
気軽に良いですよと仰って
下さったので、1枚パシャ!!

伝統工芸:深山和紙

和紙と言うと
「紙すき」の工程ばかりが
目に付きます。


紙すき

でも実際には・・・
14工程の中の
紙すきはほんの1工程に過ぎず
地道な作業が続きます。

お話を聴くと
以前はそれらの工程を
通しで一冬かけてやっていたと言う。

今は
1工程ずつやっているそうです。

紙すきをやっていないと
見学に来られた方の中には
今日は作業休みですか?と
仰る方もいらっしゃるとか^_^;

ちなみに深山和紙の原料は
楮(こうぞ)と言う植物を使っています。

伝統工芸:深山和紙

また、深山和紙の歴史は
伝統工芸と銘打つ程に長く
起源は室町時代末期だそうです。

400年以上の伝統工芸なのです♪

伝統工芸:深山和紙

【4.未来】目標を達成するとどんな変化が起こりますか?
現在使っている西洋紙
化学的に処理して作る為
大量生産が出来ます。

一方の和紙は
先に書いたとおりの
深山和紙なら14工程を
手作業がメインで作られる為
大量生産は出来ません。

効率からすれば
西洋紙の方が良い訳ですが・・・

でも、和紙には
手づくりならではの
西洋紙にはない味が有ります♪

これからも残って欲しい
伝統工芸:深山和紙

あっ、こんなの作ってみたい!!

ちなみに
今回私が買った
深山和紙の名刺

普段はパソコンを使って
印刷した名刺を使っていますが・・・

手書きで
特別な人と出逢ったとき
使おうかなと想っています♪

でも
手書き苦手なんだよなぁ^_^;

深山和紙振興研究センター
住 所:山形県西置賜郡白鷹町大字深山2527番地
電 話:0238-85-3426
定休日:火・木曜日

作業工程は
深山和紙振興研究センター/白鷹町
こちらでご覧いただけます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 寒河江情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

是非、一日1回押していただければ幸いです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中